イボコロリは首イボに使えないってホント?

 

 

同じイボでも、それが加齢による
皮膚のダメージが原因になっているのか、

 

 

それともウイルス性のダメージが原因になっているのか、
また、足の部分のイボなのか、
首やデコルテにできたイボなのかによって使用する薬は違います。

 

 

 

症状とその場所によって使用する薬をきっちりと見極め、
ご自身で判断がつかない場合や不安な時は医者に相談するようにしましょう。

 

 

正しい判断と対処法がなければ、
どんなに良い薬を使っていても治らないどころか悪化する可能性もあります。

 

 

過度に心配しすぎる必要はありませんが、
しっかりと理解するようにしましょう。

 

 

 

 

イボができた場所によって使用する薬を使い分ける

 

 

首やデコルテにできたイボを取り除くのに用いられるのは、「ヨクイニン」。

 

 

ヨクイニンは漢方などとしても重宝され、
安全性が高く代謝能力を挙げる働きを持つのでイボにも効果の高い成分です。

 

 

 

一方、足やかかとなどのイボには
比較的強力な「サリチル酸」を用います。

 

これは少し強い成分ですので取り扱いには注意する必要があります。

 

 

足や、かかとなどの皮膚が硬い部分に使用することにより、
成分をしっかりと肌に浸透させイボ消しに高い効果を発揮します。

 

 

敏感肌かそうではないかも大事ではありますが、
同じ人でも部分によってお肌の分厚さや強さは違うので、
同じイボだからと安易に薬を使用しないようにしましょう。

 

 

治すため、と思ってやっていたことが
実は逆効果だったということにならないよう、気を付けてください。

 

 

 

 

首イボの際、「イボコロリ」は効果ある?

 

 

 

イボ消しとして有名な

 

「イボコロリ」は、見たり聞いたりすることが多く
ご存知の方も多い商品だとは思いますが、首のイボにも使えるのでしょうか?

 

 

実はイボコロリにもいくつか種類があり、
全てが首イボに使えないというわけではありません。

 

 

首や顔、デコルテに使用できる薬も「イボコロリ」という
同じ名称で販売しているので、

 

そのイボコロリがどの部位用なのか、
どんな成分が含まれているかを確認してから使用するようにしましょう。

 

 

首や顔に使用しても危険の少ない薬に
使用されている成分は「ヨクイニンエキス」と「杏仁オイル」が多いです。

 

 

ちなみに首イボに使用できるイボコロリは
「ヨクイニンエキス」を主成分に作られているので購入前にチェックしてみてくださいね。

 

 

 

イボ消し薬として有名なイボコロリですが、
イボができた個所によって効果を発揮する薬が異なるので
間違えないようにちゃんと確認してから使いましょう。